ヒハツ 温泉療法

温泉療法を週1回取り入れて代謝改善を図る

 

ヒハツでめぐりアップ

性別:女性
職業:主婦
年齢:45歳
継続:37〜45歳

 

 

代謝悪化で体のだるさが一向にとれず、やる気ダウン

 

日頃の疲労が溜まりに溜まってしまったのか、ある日なぜか何もやる気が起こらなくなってしまった日がありました。

 

今までもこのようなことは経験したことはありましたが、今回はどこか違う気がしてなりませんでした。とにかく体の血の巡りが悪すぎて、何をするにも集中力低下、動くのさえ億劫だったような状態です。

 

運動不足ということもあったのでしょうが、どうやらそれだけでこの代謝不良は改善されるとは到底思えませんでした。

 

この強烈な体への違和感を経験した日をきっかけに、体の代謝改善に本気で目を向け始めたというわけです。

 

 

温泉に定期的に足を運び治療

 

温泉療法を週1回取り入れて代謝改善を図る

 

とにかく何もやる気が起こらないということは、血の巡りが悪くなっていて疲れを感じやすくなっていると思ったので、まずは自分の体内温度を高めて代謝を促進しようとしました。

 

一般的に言われていることですが、自分の体温にプラス2(+2)すると体内(内臓)温度となると言われていますよね。

 

血の巡りをよくすると、酸素と栄養が動脈を通って体全体にスムーズに届きやすくなり、静脈を通って老廃物を排出するというサイクルがきちんと機能するのが通常でしょう。

 

しかし、私の場合は、その定期サイクルに何らかの問題が生じていたため、まずは体内温度を高めるために、温泉に週1回のサイクルで通い治療することにしました。

 

いわゆる温泉療法です。

 

温泉の源泉により代謝効果は少し違ってくるのかもしれませんが、どの種の温泉であっても体内温度は自宅風呂に入浴するのと比較した場合、圧倒的に高くなります。

 

血の巡りや代謝をよくするためには、ただ温泉に行って終わりではなく、温泉で40分程過ごし、その間、湯風呂と水風呂の間を交互に行きかいします。それにより、代謝がより促進されるからです。

 

これを繰り返すことにより、入浴後、あきらかに体内温度が上昇し、血流が以前よりよくなっているのが実感できます。

 

 

代謝促進効果だけでなくお肌もスベスベに

 

温泉は自宅の風呂とは入浴成分が根本的に異なるため、やはり入浴後のポカポカ感が圧倒的に異なります。

 

温泉入浴後は、体内温度が比較的長い時間に渡り高いまま維持されているのがわかります。

 

つまり、代謝促進がより促されている状態ということなので、血の巡りもよくなり、だるさも軽減されやすいというわけです。

 

ただ、この温泉療法はひとつ気を付けなければいけないことがあります。

 

自分の身体に不調がある場合(高血圧の傾向があったり、内臓に問題がある場合など)は逆効果になる可能性も否めないため、きちんと医師と相談した上で温泉療法を実施したほうがよいでしょう。

 

温泉の湯は大半が自宅風呂よりは温度高め設定になっている傾向があるため、外気との気温差にも気を付けなければならないでしょう。

 

温度差が激し過ぎると、急激な血圧変動により気分を悪くしてしまい倒れることもあるからです。

 

よって、持病を抱えている人はきちんと医師の指示の下、温泉療法を代謝改善策の一つとして利用するのがよいのではないでしょうか。

 

【管理人より一言PR】
今、話題沸騰のヒハツ
もし何をやってもダルイ、冷えが辛い、体形やむくみが気になると言う方は、一度ヒハツを確認してみてはいかがでしょうか。
ヒハツの代表的な働きは毛細血管を元気にする事が知られています。
その秘密は、ヒハツにはTie2タイツーピペリンの2大成分が含まれいる為で、それが様々な効果をもたらしてくれます。
また、効果効能の反面、副作用がきになりますが、その心配もなくほぼ安全な天然素材になります。
このように期待されているヒハツですが、唯一の欠点は、はコショウの一種なので、毎日コンスタントに摂取する事が難しい事。
今では、摂取しやすい様に多くのサプリメントが有りますが、その中でもおすすめできる物、5つ厳選して紹介していますので是非ご覧下さい。

1.Dr’sタイツー
2.美健めぐりんぱ
3.金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム−ネイチャーシード
4.美スラリッチ
5.めぐりの結晶



当サイトで紹介しているヒハツの効果効能は、一般的に言われている事であって、当サイトで紹介しているサプリメントとは関係がありません。自分の身体、専門サイトをご確認のうえお客様のご判断と責任にてご利用頂けます様お願い致します。