ヒハツ ヨガ

親子ヨガで代謝改善

 

ヒハツでめぐりアップ

性別 :女性
職業 :専業主婦
年齢 :36歳
継続 :34?36歳

 

 

産後太りと冷えが気になるように

 

33歳で第一子を出産しました。その後、授乳のお陰か妊娠中に増えた体重は、半年ほどでスルスルと落ち妊娠前の体重に戻りました。

 

しかし、産後はあらゆる体質が変わります。

 

  • 花粉症が楽になった。
  • 嫌いな食べ物が、好きになった。など、友人達に聞いても様々な変化があるようです。

 

もちろん、悪い方向への変化もあり体重、体型が戻らないというのは典型的なものではないでしょうか。

 

私の場合、体重は戻っても体型は戻らず下半身とおなか周りは「お母ちゃん」という雰囲気になってしまいました。

 

また、秋になるといままで感じたことのない手足の冷たさ、肩や首まわりのこりを感じるようになりました。

 

さらに、娘への授乳が終わると同時にみるみると体重も増加してしまいました。

 

このままではいけない!「きれいなお母さん」になりたい!!という思いが湧き上がりました。

 

 

子育て中にできる親子ヨガ

 

親子ヨガで代謝改善

 

妊娠中に、母親教室の一環でヨガのクラスを受講したことがありました。

 

さらに、タイミングよく子育てサークルで「親子ヨガ」のクラスが開催されるのが目に止まり、早速参加してみることにしました。

 

難しいことはなく、大切なのは継続的な腹式呼吸を常に意識しながら、ポーズをとることです。横隔膜を動かして呼吸をすることで、内蔵から血液循環がよくなります。

 

ポーズによって、伸ばす箇所は何処なのかを意識することも大切なポイントです。

 

時には子供が絡みついてくる時もありますので、慣れてくれば状態に応じて、自分に子供を乗せ負荷をかけることもあります。

 

1,2歳の子供でしたら、ママと同じポーズをとる子供もいますので、一緒に楽しみます。

 

40分ほどのクラスでしたが、身体はじんわりと温かく、うっすら額に汗をかいていました。

 

すっかり虜になり、ネット動画を検索すると様々なヨガポーズを知ることができました。

 

娘も気に入ったようで、風呂上りの温まっている時にしっかり水分をとり照明を落としてヨガをしてから布団に入るというのを習慣としています。

 

 

代謝改善とリラックスで良い睡眠も

 

子育てにイライラはつきものです。

 

つい、叱りすぎてしまったり、神経質になりすぎていたりと意外と心と身体は凝り固まっています。

 

しかし、寝る前のヨガをすることで全てリセットできるのです。

 

我が子と一緒にすることで、心が落ち着いた状態でコミュニケーションできますし、余分な考え事もとんでいきます。

 

ポカポカの身体で良い睡眠を得ることができ、翌日はスッキリとまた新しい1日を頑張ることができます。

 

【管理人より一言PR】
今、話題沸騰のヒハツ
もし何をやってもダルイ、冷えが辛い、体形やむくみが気になると言う方は、一度ヒハツを確認してみてはいかがでしょうか。
ヒハツの代表的な働きは毛細血管を元気にする事が知られています。
その秘密は、ヒハツにはTie2タイツーピペリンの2大成分が含まれいる為で、それが様々な効果をもたらしてくれます。
また、効果効能の反面、副作用がきになりますが、その心配もなくほぼ安全な天然素材になります。
このように期待されているヒハツですが、唯一の欠点は、はコショウの一種なので、毎日コンスタントに摂取する事が難しい事。
今では、摂取しやすい様に多くのサプリメントが有りますが、その中でもおすすめできる物、5つ厳選して紹介していますので是非ご覧下さい。

1.Dr’sタイツー
2.美健めぐりんぱ
3.金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム−ネイチャーシード
4.美スラリッチ
5.めぐりの結晶



当サイトで紹介しているヒハツの効果効能は、一般的に言われている事であって、当サイトで紹介しているサプリメントとは関係がありません。自分の身体、専門サイトをご確認のうえお客様のご判断と責任にてご利用頂けます様お願い致します。